行ったり来たり旅行記

札幌を起点としての旅行記。SFC、JGC修行録など。

新千歳空港「ポルトムインターナショナル北海道」2020 開業決定!

2019年4月現在、新千歳空港 国際線ターミナルの増築工事が着々と進められています。

新設されるハイクラスホテルの事業者、名称が決定したとのことで、記事にまとめてみました。

 

f:id:ymdental:20190407000521p:plain

工事内容 

・出発ロビー及び到着ロビー等の施設拡張
・チェックインカウンター及び保安検査レーンの増設
・テロ対策などのセキュリティ強化
・免税店等の商業施設の拡充
・ターミナルビル付属ホテルの新設
・出国エリア及び入国エリアの施設機能強化

 

国際線ターミナルの面積は2倍に!

延床面積はほぼ2倍になり、総事業費は650億円というそこそこの規模の増築になります。

富裕層向けのハイクラスホテルが新設され、2020年1月に開業が予定されています。

チェックインカウンターは47から74ブースに、保安検査レーンは4から9レーン、ボーディングブリッジは8から17基へと拡張され、空港機能の向上と混雑の緩和が期待されます。

f:id:ymdental:20190406235855j:plain



 

新ハイクラスホテルの詳細

事業者は「株式会社碧雲堂ホテル&リゾート」でホテル名は「ポルトム インターナショナル北海道」です。

イクラスホテルということで、てっきり世界的ブランドのホテルが新設されるのかと期待していたのですが、地元企業に選定されたようです。

北海道民としては地元企業に頑張ってもらいたいところですが、ちょっと予想外でもあります。

 

ちなみにこの「株式会社碧雲堂ホテル&リゾート」というのは、新千歳空港との関係が深い会社で、以前から空港の運営に携わっています。新千歳空港内にある「エアターミナルホテル」、「新千歳空港温泉」はこちらの会社が運営しています。

調べて私も初めて知ったのですが、新千歳空港内のカードラウンジ、国際線ターミナルの航空会社ラウンジもこちらの会社が運営しているようです。

 

f:id:ymdental:20190407000053j:plain

ホテル客室…全171室
・アッパークラススイート 約250㎡ 1室
・スイート 約130㎡ 2室
ポルトムスイート 約63㎡ 8室
・ジュニアスイート 約63㎡ 52室
・スーペリアルーム 約43㎡ 108室
飲食店舗・・・4店舗(洋食レストラン、和食レストラン、バー、カフェ)
その他施設・・・茶室、ホテルショップ、温浴施設、スパ、ジム 、ゲストサロン、ギャラリー

国際線ターミナルの新ラウンジ?

工事内容の詳細には増築される4階部分に

「ラウンジ」「商業施設」「ホテルフロント」と記載されていました。

この「ラウンジ」というのが、ホテルのラウンジなのか、有料待合所なのか、はたまた航空会社ラウンジなのか気になるところです。

もし、航空会社ラウンジであれば、どこの航空会社が運営するのか大変ワクワクしますね。

おそらく「株式会社碧雲堂ホテル&リゾート」による既存のラウンジに毛が生えた程度だとは思いますが・・・

中部国際空港のようにスターアライアンスラウンジ等がオープンすることを願っております。

 

新千歳空港の国際線に就航している航空会社

スターアライアンス

アシアナ航空

ユナイテッド航空 (2019年4月現在、運休中)

・上海吉祥航

エバー航空

中国国際航空

タイ国際航空

ワンワールド

キャセイパシフィック航空

フィンエアー(2019年12月就航予定)

スカイチーム

大韓航空

中国東方航空

中華航空

その他

ハワイアン航空

・ジンエアー

ティーウェイ航空

イースター航空

・チェジュ航空

・香港航空

・オーロラ航空

春秋航空

・スクート

・ピーチアビエーション

・エアプサン

タイ・エアアジアX

エアアジアX

・天津航空

海南航空

 

新千歳空港は国際空港を標榜していないので関空や中部などに比べると競争力に乏しいですが、これを機に国際空港としての役割が向上するとよいですね!